Our lab began in April 2013 at the International Institute for Integrative Sleep Medicine of the University of Tsukuba and has rapidly grown ever since. Our lab mission is to contribute to the development of new approaches to preventing or treating neurodegenerative diseases by increasing our understanding of adult neurogenesis. Thus, we focus on examining the functional integration of adult-born neurons by combining ontogenesis, neuronal activity imaging, behavioral analysis, and sleep science. Recently, we successfully implemented methods for visualizing and manipulating the activity of adult-born neurons during specific stages of sleep, and we generate exciting new results every day using these methods.

Our lab members are hard-working, friendly, and diverse, originating from India, China, Thailand, Sudan and Japan. We barely have enough time to sleep because our daily scientific discoveries are so exciting. We are currently seeking students and researchers with passion and focus in science. We are also accepting short-term visitors and can provide some financial support depending on the situation. Our laboratory is located in the greater Tokyo area at the University of Tsukuba, one of the largest and most diverse universities in Japan. All seminars and conferences are conducted in English. We also have specialized administrative staff that help international personnel adapt to life in Japan.

We seek highly motivated internship or full-time postdoctoral fellows with an interest in our research areas. Applicants should have a Ph.D. in neuroscience or an M.D. Strong training in optogenetics, behavior, molecular biology, medicine, and/or electrophysiology is desirable. Financial support could be provided.

We are recruiting highly motivated internship or full-time students with an interest in our research areas. Financial support could be provided for Master's and Ph.D. students.

私たちの研究室は, 2013年4月に筑波大学国際統合睡眠医学研究所で始まり, 以来急速に成長しています. 私たちの研究室のミッションは, 成人の神経発生の理解を高めることによって, 神経変性疾患を予防または治療するための新たなアプローチの開発に貢献することです. したがって, 個体発生, ニューロン活動イメージング, 行動分析, および睡眠科学を組み合わせることによって, 成人新生ニューロンの機能的統合を調べることに焦点を当てています. 近年, 特定の睡眠段階での成人新生ニューロンの活動を視覚化および操作するための方法を成功裏に実施し, これらの方法を用いて日々エキサイティングで新しい成果を生み出しています.

私たちの研究室メンバーは, インド, 中国, タイ, スーダン, 日本から始まり, 勤勉, 友好的, そして多様です. 毎日の科学的発見がとてもエキサイティングなので, 寝る間も惜しんでいます. 私たちは現在, 情熱と科学に焦点を当てた学生や研究者を求めています. 私たちは短期訪問者も受け入れており, 状況に応じていくらかの財政的支援をすることができます. 私たちの研究室は, 首都圏に位置する, 日本で最も大きく最も多様的な大学のひとつである筑波大学にあります. すべてのセミナーと会議は英語で行われます. 私たちはまた, 国際的な人員が日本に適応するのを手助けする専門的な管理スタッフを擁しています.

私たちは, 私たちの研究分野に関心を持つ意欲的なインターンシップまたは選任の博士研究員を求めています. 申請者は神経科学の博士号, または, 医学博士を持っている必要があります. オプトジェネティクス, 行動・分子生物学, 医学, および/または電気生理学における強化訓練のある者が望ましいです. 財政的支援を受けられる可能性もあります.

私たちは研究分野に関心を持っている 意欲的なインターンシップやフルタイムの学生を募集しています. また, 修士号と博士号の学生に財政的支援をすることができます.